top of page
  • 執筆者の写真笑い太鼓

卵新聞オンライン 令和5年8月 第267号(最終号)


~8月の予定~


1日(火) 卵配達

8日(火) 卵配達

9日(水) ゆとりの日(絵画)

15日(火) 卵配達

16日(水) ゆとりの日(書道)

22日(火) 卵配達

29日(火) 卵配達


※予定は変更になることがあります。








卵販売事業の廃止のお知らせ


 平素より笑い太鼓、農場めぐみ卵のご購入、誠にありがとうございます。

このたび諸般の事情により、令和5年8月末をもって卵販売事業を廃止することとなりました。 長年にわたるご厚情、心から感謝申し上げると共に、事業廃止にてご迷惑をおかけしますことを、深くお詫び申し上げます。

卵新聞につきましても今月をもって発行終了とさて頂きます。

 また、新聞雑誌、段ボール、アルミ缶などの廃品回収事業につきましても廃止させていただきます。ご了承のほどよろしくお願いいたします。

敬具





事業廃止日:令和5年8月31日

お問い合わせ先:笑い太鼓

住所:愛知県豊橋市東田仲の町57番地

TEL:0532-63-6644

金田 輝明


ご不明な点やご質問がございましたら、お問い合わせ先へご連絡いただきますようお願い申し上げます。





今まで本当にありがとうございました。


 先日、皆様にもお伝えさせて頂きました通り、諸般の事情により笑い太鼓としての卵の販売を八月で終了する運びとなりましたが、自ずと この卵新聞の発行も今回が最後となります。

 これまで多くの皆様に支えられて発行して参りましたが、本当に有難う御座いました。

私が卵新聞の担当となって3年がたちました。私は人生においてひと様に読んで頂く為の文章を書いた経験はありませんでしたが、大変貴重な経験をさせて頂きました。3年間記事作りをしてきて一番大変だったのはネタ探しです。コロナ禍になり世界的にイベントが無くなり、もちろん笑い太鼓も毎年行ってきた行事をほとんど自粛してきました。その中で読んでくださる皆様がどのような記事なら興味を持ってくれるか、面白いと思ってくれるかを日々考えるようになりました。それ程刺激的な毎日を送っている訳ではありませんので、日常の中でも常にアンテナを張り巡らせて、何か心に引っ掛かる事がある度に「これは卵新聞のネタになるのでは?」と常に意識する様になっていました。

 読んでくれた方から「良い記事だったよ!」「おもしろかったよ!」と言ってもらえたことがとても嬉しく、毎月のやりがいに繋がっていました。


 卵新聞はこれで最後となりますがこの経験を活かして、今後も日常の中でもアンテナを張りいろんなことに興味を持って生活して、これからの人生を豊かにしていきたいと思います。


 最後にもう1度、今までめぐみ卵のご購入、卵新聞のご愛読をしていただき、本当にありがとうございました。

卵新聞担当 H.M





閲覧数:102回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page