• 笑い太鼓

卵新聞オンライン 令和4年1月 第248号


~ 1月の予定~

6日(木) 仕事始め・仲の町公園掃除

9日(日) 太鼓練習日

10日(月) 成人の日(出勤日)

11日(火) 卵配達

12日(水) ゆとりの日(絵画)

16日(日) MyDo探検隊!!

18日(火) 卵配達

19日(水) ゆとりの日(書道)

25日(火) 卵配達


※予定は変更になることがあります。







新年あけましておめでとうございます!


今年も無事に新しい年を迎えることができました。これも地域の皆さまのおかげと、笑い太鼓一同、心よりお礼申し上げます。

 「令和2年は全世界の人たちにとって良い年になればいいなと心より願っています」と書いた年の2月くらいから急激に新型コロナウイルスのまん延が始まり、4月に緊急事態宣言の発令・・・ その後の状況は皆さんもご存じの通り。現在新たなオミクロン株?のまん延が懸念されている所です。ただ、感染防止策を行いつつできることもたくさんあると思います。東京オリパラリンピックがそうであったように・・・今年はできる限り動いて行こう!と考えています。

 笑い太鼓はこれまで二十年にわたり、人生半ばで脳にダメージを負った方たちやそのご家族が、安心して過ごせる場所の提供、それぞれの方たちが次の一


歩を踏み出すためのエネルギーを蓄積するための場所の提供、新たな自分と向き合うための場所の提供、を目的に活動してまいりました。

 今年もそれぞれの方たちの、新しい活動が芽吹くように希望と決意をもちながらも、のんびりゆったりのほほんと、皆さんのペースに合わせながら笑顔で活動していきたいと考えます。そして地域の皆さまのご理解、ご支援をいただきながらその先にある、障害をお持ちの方もそうでない方も一緒に豊かに暮らしていける社会を目指して、一層貢献できる年にしていきたいと思います。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

令和4年1月


特定非営利活動法人 高次脳機能障害者支援「笑い太鼓」

高次脳機能障害者支援センター

施設長  金田 輝明






笑い太鼓 トピックス ( ..)φメモメモ


最近の笑い太鼓の近況をお伝えしようと思います。

まず、例年行われている餅つき大会は今年も新型コロナウイルス感染症の影響もあり中止となりました。なかなかまだ再開の目処は立ちませんがまた2号館の前でみんなと一緒に餅つきが出来る日が待ち遠しいです。餅つきの代わりに、ささやかなクリスマス★ということで、マッターホルンのケーキを利用者・職員で一緒に食べる小さなイベントが

ありました。”久しぶりに食べた~。””美味しかった。”など少しでも今限りある日常の中に色がついたらいいなと思います。みんなで食べるケーキも悪くないですよね。ごちそうさまでした!

そして、毎年恒例の大掃除。1年使った訓練室をはじめ、車など物にも場所にも感謝をして全員で役割分担をして、”寒い、寒い”と言いながら掃除しました。その後は温かい大菊さんのうどん。このうどんを楽しみに”大掃

除来ようかな”、なんて思っている人もいるぐらい美味しくて心がホッとする昼食、これ食べて1年が終わります。

笑い太鼓の行事は、少しずつ縮小されている中ではありますが通所されている皆さんにとって季節を味わったり出来るイベントは続けていけたらと思っています。

今年も1年ありがとうございました。また来年の笑い太鼓トピックスもお楽しみに◎




Kさんの挿絵コーナー















【卵新聞担当利用者からの新年のご挨拶】


いよいよ新たな一年が始まりました。

旧年中は色々とお世話になり、本当にありがとうございました。あらためまして、

本年も何卒宜しくお願い申し上げます。

今年こそはコロナもおさまり平和で穏やかな年になります様、切に願います。今年も皆様にもっと笑い太鼓に興味関心を持っていただけるよう一生懸命卵新聞を作成していきたいと思います。宜しくお願いします。



i

ペーパー版卵新聞のダウンロード



閲覧数:32回0件のコメント

最新記事

すべて表示